砂ずり

砂ずり

コリコリとした触感と脂身のないあっさりとした味わいで多くの女性客に選ばれています。砂ずりは鶏の胃の部分で砂肝と呼ばれることもありますが、肝臓(レバー)ではありません。鶏は歯がないので餌を丸呑みして胃ですりつぶしています。そのため胃の筋力がとても発達しているのです。鶏の胃なので部位としては内臓にあたりますが、ホルモンなどの内臓が苦手な方にも好評な部位です。
クセのないあっさりとした味わいなので、塩やレモンで楽しんでいただきたいと焼鳥め組では、独自のブレンド塩で焼き上げます。焼鳥め組の砂ずりは刺身でも食べられる新鮮な朝引きのものだけを使用していますので、焼き上がりのシャクシャク感が人気の理由です。