タグ: 串焼き

このとり皮にめぐり会えたことが幸運でした。

IMG_8605

とり皮

食感といい味わいといい、やっとみつけた焼鳥め組厳選の“とり皮”は八女市柳川近郊の山奥で飼育された鶏で朝引きした鶏を毎日仕入れています。やきとりめ組で使用するのは首の部分の皮で薄すぎないことが第一の条件です。コラーゲンが豊富なこともあって女性客は必ずといってもいいほど注文してくれます。中には「皮10本!」という猛者も少なくありません。
やきとりめ組では、1度ボイルして皮についている余分な脂身を取り除いていますので、カロリーも控えめな上にベチャっとした食感もなくなるよう下ごしらえをします。
パリッとした表面とふわっとした食感が魅力です。独自のブレンド塩焼きと創業以来、継ぎ足しのタレ焼がありますが、常連様にはタレ焼きが多く選ばれています。個人的には“パリ皮”はブレンド塩焼き、“とり皮”はタレ味が美味しいよぉと思いながら焼いています。

砂肝って言われるけど、肝臓じゃないからね。胃です。

砂ずり

砂ずり

コリコリとした触感と脂身のないあっさりとした味わいで多くの女性客に選ばれています。砂ずりは鶏の胃の部分で砂肝と呼ばれることもありますが、肝臓(レバー)ではありません。鶏は歯がないので餌を丸呑みして胃ですりつぶしています。そのため胃の筋力がとても発達しているのです。鶏の胃なので部位としては内臓にあたりますが、ホルモンなどの内臓が苦手な方にも好評な部位です。
クセのないあっさりとした味わいなので、塩やレモンで楽しんでいただきたいと焼鳥め組では、独自のブレンド塩で焼き上げます。焼鳥め組の砂ずりは刺身でも食べられる新鮮な朝引きのものだけを使用していますので、焼き上がりのシャクシャク感が人気の理由です。

ビールを注文するんなら「豚バラ」でしょ?

豚バラ

九州熊本の焼き鳥では定番中の定番「豚バラ」。
焼鳥め組でも人気No.1の豚バラは“脂の旨味を思いっきり味わえる”と多くの常連様をはじめ隠れ家ファンに選ばれています。豚バラは豚のばら肉で主にあばら周りの肉のことです。赤身と脂身が交互に3層になっているのが特長で「三枚肉」と呼ばれることもあります。沖縄ではバラ肉のことを“ソーキ”と呼び、骨付きのバラ肉は“スペアリブ”と呼ばれます。豚バラは煮込み料理の代表料理も角煮(ラフテー)多いですが、旨味がダイレクトに感じられるのは、やはり炙りをきかせた炭火焼きです。炭火にかけるとバラ肉の脂で炎がたち、その炎がバラ肉を包み込み旨味を閉じ込めつつも香ばしく仕上がります。
ビールに豚バラが最高のコンビです。

注文率ほぼ100%!め組の看板メニュー串焼き8本セット

kushimori

 

その日の仕入れによって厳選した8本をセットにしたお得な串焼きの盛り合せです。
内容は選べませんが、好き嫌いのある方はご予約の際に教えてください。考えます。

© 2019 炭火焼き め組

Theme by Anders NorenUp ↑